思う事

真のバリアフリー(18禁記事)

投稿日:

バリアフリー、バリアを皆の協力で無くしていこう!
困ってる障害者には積極的に声をかけ…ない方が良い時もあるのです!
そもそもバリアフリーの目的は障害者や老人も皆と同じく幸せな生活を送るのが目的で、その障壁を破壊しようと言う感じだったと思います

決して、見知らぬ障害者に求められていないのにとにかく声をかければOK!だとは限らないのです障害者や老人だって話したい事もあれば、話したくない事も当然あります
そう言う事も踏まえてバリアフリーなのでは無いかなと思います

具体的に言うとですな!

健常者で健全にエロエロなA君は、某電気街に知る人は知るイリュ〇ジョンの新作ソフトを買いに行きました
頭の中ではけしからん妄想でいっぱいですが、その事をは表に出さずいかにも「officesoftを買いに来ましたよ、いやあMicrosoftの製品は信用できるがコストがね…やはり互換ソフトを考えるのも手だよねー」と言う顔でソフマップとかに行くのです
そして、目的のフロアに入ってしまえばそこに居るのは同じ様な目的の連中ばかりです
首尾よく目的の物を購入し、物がすっぽり入るカバンの底に押し込んで「まあ、色々考えたけどやっぱりMicrosoft安定だわ」って顔して帰って自室に戻りハッピータイムです

一方身体障害者で健全にエロエロなB君は、やはり某電気街に知る人は知るイリュー〇ョンの新作ソフトを買いに行きました
頭の中ではけしからん妄想でいっぱいですが、その事をは表に出さずいかにも「officesoftを買いに来ましたよ、いやあMicrosoftの製品は信用できるがコストがね…やはり互換ソフトを考えるのも手だよねー」と言う顔でソフマップに行こうと電車に乗るのです
乗る際に親切な人が乗るのを手助けしてくれます
親切なおばさんは言うのです
「あの電気街方面はこっちで合ってるよ、何を買いに行くの?」
正直に言って恥辱にまみれるか、嘘をついて罪悪感にまみれるか…
駅について電車から降りる時も同様の事が起こる可能性はあります
そして、帰りもまた然り
電車乗り降りを親切な人が手助けしてくれて言うのです
「あの電気街に行ったんですか、何を買われたんですか?」
正直に(以下略)

なぜ同じ品を買うのに、こんなに精神的難易度に差がある…これこそが障壁では無いのかなと?
つまり、障害の有無に関係なく誰に気兼ねなく恥辱にまみれずアダルトグッズを買える社会こそが真のバリアフリー社会と呼ぶにふさわしいのでは無いのかなと思います!

え?何?
Amazonで買え?楽天で買えばいいんじゃね?

全く持ってその通りですな!

注意
18歳未満の良い子のお友達はお願いだから、イリュージョ〇とか検索して調べたりしないでね!(汗)

-思う事

Copyright© 真・怪しい発達障害者的思考 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.