ギラリムーン

9月25日ギラリムーン終了

更新日:

さて今回のテーマ「毒親」でした
ちなみに自分はこの毒親と言う言葉を始めて見た際、どくしんと読むんだと思っていましたがなんだかどくおやっぽいです

毒親とは何でしょう?それは子供に取って毒な親です
毒とは接触した相手の身体を蝕むモノの事であり、毒親とは接触した子供の精神を蝕む親の事であると思います
この精神を蝕むと言うのが問題で、暴力を振るい身体を傷つけるのは勿論宜しく無い親ですが子供的には暴力を振るわれ身体を傷つけられた事より、親に暴力を振るわれ精神を傷つけられた事の方が後々までひびきそうです

ただ問題は誰しも毒親として産まれてきた訳では無く、環境等によって普通の親が毒親に暗黒進化する事がありありだと言う事です
相手を攻撃するのは相手に対して何らかの怨みがあったり、相手を排除する事で多大な利益を得れる場合です
しかし、幼児が自分の親に恨まれる様な行動を取ったり多大な貯蓄を蓄えたりできる訳も無し、毒親化するのに子供側には原因があるとは考えにくいです
攻撃している意思はあまり無いのだと思います

むしろ逆に子供を愛しており、子供に幸せになって欲しいと願ってる毒親も多いです
問題は親が考える幸せと、子供が求める幸せとに間に差がある場合に子供の考える幸せを否定し、親の考える幸せに至る近道(と親が思い込んでいる)に無理に引っ張って行く事が多々あるのだと思います

ただこの国では、親の夢を子供が受け継ぎ叶えるは美談!とされる事も多いです
伝統芸能の世界では、小さい頃から稽古にあけくれ5歳前後で舞台で長台詞を発しったりします
そういうのを見てると、この子は同年代と交流する時間を取れているのかな?
将来、伝統芸能以外にやりたい事を見つけたら許してもらえるのかな?
そもそも伝統芸能以外の世界を知る事が出来るのかな?と思ってしまいます
我が国は職業選択の自由があります
例え伝統芸能の世界に生きる親の元に産まれたとて、伝統芸能の世界以外に生きてはならないと言うのは許されない事だと思います

次回、伝統芸能と言うものにあまり良い感情を持たない司会によるギラリムーンオンラインは10月23日(土)15時~17時位の予定です!

-ギラリムーン

Copyright© 真・怪しい発達障害者的思考 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.