ギラリムーン

9月度ギラリムーンOnline終了

投稿日:

初回ギラリムーンOnlineなんとか終了致しました。相変わらっず、安定して司会のもたもたブリが光ります。

今回のテーマは「ネットとリアル」でした

ネットにはネットの、リアルにはリアルのメリットがありデメリットがあると思います。
双方のメリットとデメリットをそれぞれ把握した上で、状況によりネットとリアルを使い分けていくのが賢いと思います、とにかくネットじゃないと駄目だ!とかリアルで顔を合わせて話さなければ意味が無い!と頑なに一方のやり方に固執し、もう一方のやり方を否定する…それは世界の可能性の半分を否定する事だと思います。

コロナ禍がこれからどうなるか分かりません、沈静化の方向に向かうか…現状維持か最悪、さらに拡大する可能性すらあります。
どちらにしろ、これまでとは違う生活スタイルに変わっていくかもですね…これをどう捉えるかは人それぞれですが、この変革で今までは無かったより自分に合った環境を得る可能性もあります。

今までのリアル一辺倒の労働が見直され、テレワークを導入し始める企業も多いです。
逆に客が店舗に来れないからと宅配業が流行り始めて居ます。

発達障害当事者はよく、仕事内容よりも人間関係で職場がしんどいとの声を聞きます。
また自分的に落ち着ける環境で無いとパフォーマンスを発揮できない当事者も多いでしょう。

そんな当事者にとっては、この変革期はチャンスかもしれません。
落ち着ける自室で仕事をする事も出来るかもしれません、当然自宅で仕事するにはそれなりのスキルが要求されるでしょうが自分の求める環境を得る為に頑張ってスキルを学ぶのは、しんどい環境下で常時負荷を感じながら生きるより楽しいんじゃないかなと思います。
自分は環境がはまれば、うまく行く!と思う人はやはり自分に合った環境を把握し、その環境に身を置くにはどうしたら良いかを考えないとかなと思います。
勿論独力で作れる環境には限界があります、職場等に環境を用意してもらわないと厳しい事も多々あるでしょう。
その為には「この人に合った環境を提供すれば我社の利益に繋がる!」「この人に投資したいぜ」と思わせる事も大事なのかもです。
あ、これは決して自分は凄いぜ!と求められてもいないのに周りに大声で吹聴して回る事ではありません。
しかし就労面接等の場では自己アピールも大事、これはリアル面接でもオンライン面接でも変わらないですね…自己アピールする場とタイミングは難しいです、自分もよく把握していません(笑)

勿論当事者、非当事者関係無く人前や人の輪に入って作業する方が楽しい人も居ます。
そういった人にとっても、全国でテレワークが定着していったとしても全ての仕事をテレワーク化するのは不可能でしょうし、テレワーク希望者がテレワーク出来る企業に流れればそれだけ自分達が活躍できる可能性が上がっていくかも。

ネットとリアル…やはり要はバランスですね。
ネット最高!の人間ばかりでもリアル至上主義みたいな人ばかりでも、これからの新しい社会生活を維持するのは難しいと思います。

ネットとリアルと言うのはそもそも対立する概念では無く、むしろお互い併用する事で相乗効果が得られます。
「ネットで宣伝してもうまく行かなかった!」
これはネットに問題がある訳ではなく、効果的なネットを活用方法が出来なかった人に問題があるのです。
「リアルで宣伝しても効率悪すぎす!」
これはリアルに問題がある訳ではなく、効率的なリアルでの宣伝が出来なかった人の問題です。

と言う訳で次回のギラリムーンOnlineは10月24日(土)19時~の予定です。
勿論、変わらずモタモタ進行であると思います!

-ギラリムーン

Copyright© 真・怪しい発達障害者的思考 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.