思う事

無責任

投稿日:

人間、自分が責任を責め立てられるより他人の責任を責め立てたい人が多い気します
ちょっと前からなんでもかんでも自己責任!自己責任!と言う風潮が強く、結果的に自分では何もしない人が増えた気がする
そりゃそうです、何をしても自己責任!自己責任!ちょっと不具合があれば周り中から責められる、そりゃ何をするのも億劫になります
誰だって責任取れ!と責め立てられて楽しい訳無いですしね

そうなるとどうなるか?他人が何かすると関係も無いのに責め立てる
「無責任な事をするな!お前は責任を取れるのか?」
「無責任な事を言うな!お前は責任を取れるのか?」
「それだけ言うとか無責任だろ!言うなら最後まで面倒見ろ!」
一から十まで全部指示してお膳立てしてもらえて当たり前
一から十まで全部指示してお膳立てしないと無責任!
う、うーーーーん、それってどうなんだろう?
提示されただけの情報量や選択肢では自分は出来ないと思うなら、自分はしなければ良いだけの話かなと…

そりゃ、恫喝したり凶器をちらつかせたり人質を取ったりして何かを誰かに強制してるんなら全部お膳立てしろよと思いますが、誰も何も強制してない状態で自分が言われてる訳でも無いのに「無責任!」と言いますよね

人は他者に何かを強制できない
人が他者にできるのは情報や選択肢を提供する事だけ
得た情報や選択肢の中から何を選択するかはあくまで当人

「最後まで面倒を見ないのなら無責任な事を言うな!」と言う主張が過ぎると一から十まで指示されお膳立てされないと何もできないし、他人が一から十まで指示してお膳立てしてくれて当たり前!って人を大量生産しそうな気がします

大事なのは自分に与えられた情報や選択肢の中から、自分に取ってベストだと思える選択を導き出す力を養う事かなと思ったりします
そして、その人が選んだ選択がミスだった場合フォローやリカバリーが効く体制作りをする方が「無責任な事を言うな!」と叫ぶよりよっぽど色んな分野で挑戦する人が増えて社会が活発になる気がします
合理的配慮ってそういうものであり、障害の有無に関係なく誰しもに必要なんじゃないかなと思ったりです

-思う事

Copyright© 真・怪しい発達障害者的思考 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.