思う事

ロールモデル(役割雛型)

投稿日:

先日の講演会で、発達当事者に対するロールモデルと言う話が出ました
こうなりたいと言う目標、あるいはこうはなりたくねーと言う反面教師と言った所でしょうか
目標と言う面でこれを見た場合、ロールモデルとなる存在は多数で色々なタイプが居た方が良いと思いました
人類の多様性と言う言葉があります、まあ人それぞれ色んな人が居るよって事です
世の中には色んな人が居て、定型さんも居れば発達さんも居るし知的さんも身体さんも精神さんも居まくりです
これが多様性……じゃないです!

 一口に定型さんと言っても色々居ます、定型さんは定型さんと言う大きなカテゴリーに分類されてるだけで、その中には無数のタイプがあります
発達さんもまた然り、発達さんと言う大きなカテゴリーには入っていますがそれだけです
そのカテゴリーの中にはやはり無数のタイプが居ます
それを無視しして発達当事者として一括りにし、発達当事者は皆あれを目指せ!と言うのはちと乱暴であり息苦しく感じてしまいます
よくあるネトゲでもそうです、特定のジョブには特定の基本形以外も色々あります
大盾を構え、敵の攻撃を一身に受け仲間を守るのが騎士の基本とされています
でも大剣をブルンブルン振り回す騎士が居たって良いのです、敵の攻撃が仲間を傷つける前に敵を倒せば万事OK
傷ついた仲間を聖魔法で回復させるのがプリースト(僧侶)の基本とされています
でもウォーハンマーを振りかざすプリーストが居ても良いのです、敵の攻撃が仲間を傷つける前に敵をペシャンコにすれば万事OK
魔法はからっきしだよ3級品、だーけど短剣振り回してのナイフコンバットはあざーやかだよ1級品
そんな魔法使いが居たって良いのですよ

 うむ、なるほど…そりゃこんな奴が預かってる自助会が王道自助会とかけ離れてるのは当たり前な気がしてきた
ああ、その通りさ!

ギラリの司会は内藤ですが何か? ※1

 そう言う意味ではさかいハッタツ友の会にて各会を預かってる人は個性バラバラで面白いですな
色んなタイプのロールモデルが居て、自分と方向性が似てるかな…自分はこの人に近いかなと思える人を自分のロールモデルにしたら良いだけです
勿論、ロールモデルとは言え自分とは違う他人なのだから色々違ってきて当たり前です
そこは自分好みにカスタマイズです
さもないとただのそいつの劣化コピーにしかなりません
劣化コピーがオリジナルを超える事は無いです、オリジナルには無いモノが無いのですから
クッソつまらん存在になると言う事です

 ロールモデルとは最初こそ目標ですが、将来的には踏み越えて行く対象です
そして次は貴方が誰かのロールモデルとなるのです、今から踏み越えられる覚悟をしましょう

 ※1
某有名ネトゲにおける自分の役割をきちっとこなすナイトに対し、自分の楽しみを追求するナイトの蔑称

 

-思う事

Copyright© 真・怪しい発達障害者的思考 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.